FC2ブログ
花粉症のアレルギーで体調悪いです。
プロフィール

タクヨ

Author:タクヨ
グゥレイトタクヨといいます。

主に扱うのはフィギュア、玩具、音楽、本の趣味のブログです。

リンクフリーです、相互リンク希望の場合はコメント欄、Twitter、メールフォームからお願いします。


注 ブログで掲載した改造品は趣味で制作したものです。販売するつもりはありません。

FC2カウンター
訪問回数表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
260位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
64位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内人気ページランキング
検索フォーム
全記事表示リンク
アニメ ひぐらしのなく頃に解 1話 サイカイ の感想です、罪滅ぼし編とセットで書きたかったんですが、別にします。

*ゲームは中途半端にプレー、アニメも放送当時は皆殺し編までしか見てないので間違った説明や解釈をしてるかもしれません。

初見はショックでしたが、何回見ても辛いですね。
アニメ1期最終回エピローグで、根本的な問題解決にならなかったとナレーションでは言ってましたが。
罪滅ぼし編はハッピーエンド…と思わせて、雛見沢大災害が発生してしまったと。

暇潰し編で登場した赤坂が、大災害から30年後に大石と再会し、封鎖を解かれた雛見沢を周り大災害とは何だったのかを考察する話です。

解になってから1期のB級作画から一転して、終始安定した良作画になります。

鬼が淵沼は大災害の原因と思われる、火山性ガスの発生源を断つ為にコンクリートで埋められている。
鬼が淵沼はUFOの着陸地点としてカルト的人気になっているようだ。

鷹野が残した雛見沢を研究した34号文書や、レナが籠城事件で宇宙人の侵略を語った為かオカルトマニアの聖地となっている。
圭一が時限爆弾解除に失敗したルートとして、外伝漫画の宵超し編がありましたね。
レナが暴走したルートは惨劇回避に関係なしに、オカルトマニアの聖地となるようです。

だが、火山性ガスを防ぐのにコンクリートで埋め立てるのは根本的解決にならないし、自然環境に大きな影響が出ていないのはおかしい。
もう1つの説にレナが籠城事件中に園崎家が細菌テロで雛見沢が壊滅させると語った内容が正しい、国が事実を隠蔽しているのではないかというものがある。

*雛見沢大災害の真実は皆殺し編でわかるので、ここでは書きません。

Bパート
雛見沢分校に訪れた、赤坂と大石。そこには竜宮レナが待っていた。
レナは籠城事件後に補導された為に、大災害を免れて生きていた。
表情も声のトーンも曇って病んでます、見てて悲しいが、儚くて美しい。

雛見沢症候群を乗り切ってはいるものの、ショックで完全に現実逃避している。34号文書の内容を信じて暴走した事も考えたくない様子。
梨花だけは、何か事件に関りがあることを勘づいている様子。

ゴミ捨て場
~回想~
雲隠れ中に梨花が、レナを楽にする注射を打とうとするも、何の成分が入っているかわからない為拒否。
梨花は今回も上手くいかないと悟ったのか、「この滅ぶ雛見沢に興味はない次の雛見沢を探しに行く」と吐き捨てて去っていく。
(この後に圭一が鬼隠し編の記憶を思い出して、梨花の希望となるのですが…)1期でカットされてますねこのシーン。

この注射は詩音に打とうとして失敗した注射と同じ?何の成分が入ってるんでしょう、ほんとに知らないです、自分が打たれた時は無茶苦茶苦しんでましたよね。

梨花がいつもと違う態度に変わるの(黒梨花モード)には薄々勘づいていたようです、流石レナ。

赤坂も、梨花が自分に死にたくないといつもと違う態度で語っていたのを思い出す。

楽しい学校生活を思い出すレナは語る「できるならあの輝いていた雛見沢に戻りたい」…一人だけ生き残って辛いですね。

果たして雛見沢大災害とは何だったのか…解を全部みましょう。

   









関連記事
スポンサーサイト



2020/08/05 17:45 ひぐらしのなく頃に TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cuffs616.blog11.fc2.com/tb.php/1005-e5022a3e
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

相互リンク&お気に入り更新情報
twitter


広告


↑広告クリックお願いします。







楽天市場

ビックカメラ.com
プレミアムバンダイ限定
プレミアムバンダイ

楽天商品検索mini

developed by 遊ぶブログ

楽天ウェブサービスセンター