FC2ブログ
花粉症のアレルギーで体調悪いです。
プロフィール

タクヨ

Author:タクヨ
グゥレイトタクヨといいます。

主に扱うのはフィギュア、玩具、音楽、本の趣味のブログです。

リンクフリーです、相互リンク希望の場合はコメント欄、Twitter、メールフォームからお願いします。


注 ブログで掲載した改造品は趣味で制作したものです。販売するつもりはありません。

FC2カウンター
訪問回数表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
842位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内人気ページランキング
検索フォーム
全記事表示リンク
ひぐらしのく頃に 4話、鬼騙し編一気に畳みかけて終わっちゃいましたね。

あと2話ぐらい使って、本当の凶器入りおはぎとか、ドア越しのレナとのやりとりで圭一を精神的に追い詰めて冒頭の金属バットの下りが再来してしまうのかと予想していたのですが。

*今回の感想考察は最低旧アニメ~旧アニメ 解まで視聴したこと前提で書きますので、ネタバレ注意です


アバン

大石との電話のやりとりをレナに聞かれた圭一は、レナが襖の隙間から監視しているのではないかと、恐怖でうなされ眠ることができなかった。

翌朝

圭一は一睡もできなかった。
顔色の悪さを母に指摘される、熱があるみたいだと仮病で誤魔化す。
登校時間になっても圭一が来ないので、レナが迎えに来た、レナに対しての恐怖心から学校を休んで病院に行くことにする。

渡された地図を頼りに、入江診療所に辿り着くが、者が改装作を行っていてしばらく休院になるので、別の病院への診療を勧められる。
土地勘がなく他の病院を知らないので、仕方なく登校することにする。

遅刻した圭一を茶化しながら迎え入れる一同。
レナに声をかけられて反応が遅れてしまう、心配する仲間に熱が下がっていなくて本調子でないと誤魔化す。

圭一の態度に何かを感じた梨花は、呼び止めて校舎裏まで連れていく。
「何か心配なことや、不安なことはありませんですか?」梨花の不意の質問に戸惑う圭一
「ありませんですか?僕には圭一がとても悩んでいることがわかるのです。話してほしいのです。」

梨花の言葉に、圭一が最近のレナの行動に時々恐怖を感じると白状する。「レナは仲間で、大切な友達なのに…レナの自分を見る目が怖くて…」

圭一の悩みに梨花は、レナに「嘘だッ!!」と言われたのは一度切りだけで、たまたま疲れていただけなのかもしれない、ちょっと不機嫌になっていただけかもしれないと諭す。

梨花のアドバイスに圭一は自分が他人を疑ってしまった事、疑うのは自分自身であると気づき、心が軽くなった。
梨花も圭一を激励する。

アドバイスのピントのがずれてるんですよね、ループ1週目の経験値のアドバイスが今後のストーリーで惨劇の引き金になるか?

夕方

圭一が帰宅すると両親が不在だった。
考えた結果、梨花のアドバイス通り自分の疑心暗鬼からレナを不快にさせてしまい、自分が過剰にレナを恐れてしまったと思うことにするが…やはり襖からレナが覗いていたという恐怖心は拭えない。



家に電話が入る、相手は母だった。仕事の都合で両親は東京に行くことになり、明日の晩まで帰れないらしい。
夕飯は知り合いにお願いしたらしい…が不安になり頼んだ相手は誰か尋ねると、レナにお願いしたらしい…圭一は驚愕する。

その時インターホンが何度も鳴る、レナが不気味な笑みを浮かべて外で待っていた。
ドアを開けようとするが、躊躇してしまう、ドアをノックされ、思わずチェーンロックと鍵をかけてしまう。

「開けてよ圭一君、圭一君のお母さんに夕飯を作ってあげてって頼まれたんだよ?」
ドアノブを何度も開けようとするレナに、戸惑う圭一。
「圭一君と一緒に食べようと思ってたくさん作ってきたの、だからここを開けて?開けてよ?」
体調不良を理由に話をはぐらかそうとするが、圭一の意地悪な行動に、レナは何度もドアノブを開けようとする。

やはり自分の考えすぎだと悔い改めようとするが…ドアを開けると、チェーンロックの隙間越しに、レナがあの恐ろしい目で見つめるのではないか?という恐怖心から頭を抱えて絶叫する!追い打ちをかけるように別世界でレナと魅音を金属バットで撲殺した記憶のフラッシュバックが起こる!

その時梨花の激励が脳裏に浮かぶ、恐怖心に打ち勝った圭一はドアを開ける。
そこには待ちくたびれながらも、優しい笑顔のレナが立っていた。レナを疑った事を反省し、抱きしめる、戸惑うレナ。

待望の圭一の家に入ったレナは、かぁいいモードに入る。
レナの風呂敷に包まれたお重の数とボストンバッグに、随分気合を入れて作ったんだなと呆れ気味になる圭一。

レナの夕飯準備を手伝おうとするが、テレビを見てて待つように言われる。

準備中の間テレビを見ながら雑談する圭一、画面には宇宙刑事シャリバン(?)、シンデレラ(?)、クイズ番組、刑事ドラマが映る
レナと母が仲良しで、セブンスマートでも良く一緒に買い物をしていて、圭一が豚骨ショウガ味のカップラーメンを買い物をしているのも見たことがあるという。

ファンの間で考察されていた、鬼隠し編で圭一のカップラーメンの内容を言い当てた事に対してのアンサーが公式にきましたね!

不審な顔でお重を並べるレナ…だがテーブルに並べられたのはおかずではなく、糸鋸やビニールシート、消臭剤、お重の中も凶器が入っていた!?

刑事ドラマでバラバラ殺人の話が流れる、圭一はレナにダム現場でバラバラ殺人の事を質問してしまい、他にも色々な質問でレナに不愉快な気分にさせてしまったことを謝ろうとキッチンに入る…が…

レナが突然首を掻きむしり始めた、雛見沢症候群L5発症だ!不気味な笑顔と恐ろしい目で圭一を見るレナは語る。
「父さんを守らなくちゃ…」「私が家を守らなくちゃ…」「圭一君を殺して私が消える…あっそうかこれが今年のオヤシロ様の祟りなんだよねー」

戸惑う圭一の眼前には凶器が並んでいる…包丁を手にするレナ

「圭一君を殺して私は鬼隠しで消える、それでお父さんだけは静かに暮らせる…そうだよね…それがいいよね…」

フラフラとした足取りで近づくレナに、ゴルフクラブで制止しようとする圭一。

「だって…私は既にオヤシロ様の祟りを受けてるんだし…」「ちょっとの間許されていただけで…既にとっくにあの時…」「私はもう…オヤシロ様の祟りなんだからー!」

包丁を向けて飛び掛かるレナ、ゴルフクラブで抵抗するも、身体能力が振り切れたレナに包丁でクラブを弾き飛ばされてしまう!

逃げ惑う圭一にゲラゲラ笑いながら包丁を振り回す!決死の体当たりで吹き飛んだレナは、テーブルに頭を打ち付ける…失神したのか?

恐る恐る歩み寄る圭一に、目を覚ましたレナが突き立てた包丁が右胸に刺さる!
激痛で倒れた圭一に追い打ちをかけるように、馬乗りになってゲラゲラ笑いながら何度も包丁を突き立てる!床は血溜まりになる!

激痛に耐えながら、手にした置時計でレナをの頭を殴打する!一瞬動きが止まったが、レナの狂乱は止まらない!包丁VS置時計で泥仕合状態になる…床だけなく壁にまで飛び散る血痕!


しばらくすると、リビングは凄惨な場と化していた…床に転がった包丁、外装が割れた置時計、2人分の血が流れ、倒れている2人…呆然として涙を流す圭一…

終わりましたね…レナの頑張り物語、今回のレナは父の平穏の為に独りで全てを片づけてしまった結果、『十字架の重さに耐えきれず、潰されてしまった』悲しい少女でした。

数日後
圭一は奇跡的に一命をとりとめた、安堵して涙を流す両親、圭一は再び眠りにつく…。

再び目を覚ますと大石が立っていた、レナとの一件について話を聞きたいらしい。
自宅で何があったか質問されるが、感触も何もかもすべて覚えているが、何故あんなことになったのか理解できない為、涙を流しながら説明を拒否する圭一…。
圭一の心情を察して引き返す大石。

更に数日後、魅音がお見舞いに来た。
一言目は茶化すものの、色々あってすぐに見舞いに来れなかったことを詫びる。
圭一はレナがどうなったのか誰もはっきり教えてくれない為、魅音にレナの事を尋ねる。

魅音は語る。
レナは助からなかった…圭一だけでも助かったことが幸運だったと。
そして、レナだけでなく、翌日梨花と沙都子も2人暮らしをしている家で遺体で見つかった…首を何度も刺されて…。
事件、自殺、又は異常者による犯行…警察の捜査は難航している。

定期健診の時間になった為、今日は引き返す魅音、元気づける為に笑顔で手を振り去っていく。

看護師から検査の前に症状を確認される圭一
「首が…痒くなったりとかありませんか?」

看護師の一言にレナが首を掻きむしっていたことを思い出した圭一は、自分の首を掻いて絶叫する!L5発症?

鬼騙し編 完

終わっちゃいましたね…多くの謎を残したまま、とりあえずレナが殺人犯だというのは確定しました。

考察 ネタバレ注意

・入江診療所は何故改装工事を行っていた?
現時点ではレナが富竹と鷹野を殺害した説で考えています。
診療所の実質的トップの鷹野と、監査役の富竹が本当に行方不明になったので、雛見沢症候群の研究をする理由がなくなり、研究設備や資料の引き上げを行っていたと考えます。

今回は出番がありませんでしたが、入江先生は今後も診療を行っていくのでしょう。

・古手梨花はトラブルメイカー
2週目に突入した梨花は、1週目の経験が今回も通用すると思っているので、今回圭一にピントのズレたアドバイスをしてしまい惨劇を引き起こしてしまいました。
今後のストーリーでも同じようなミスをすると考えられます。

富竹にアドバイスをしたのか、行方不明になってしまったのでとりあえず惨劇だけでも回避する為に、圭一にアドバイスをしたのかは不明ですが。

・圭一VSレナ
何度も包丁で刺され、致死量レベルの出血をしたにも関わらず驚異的なタフネスで生き延びた圭一ですが、あの対決は本当に正しい映像を視聴者は見せられていたのか?

レナが首を掻きむしる辺りから映像に不自然なノイズが入ったのは、単なるホラー演出ではなく、視聴者を弄ぶ為に世界に干渉できるような存在(OPで不気味に笑うシルエット?)が改竄した映像を見せたのではないかと思うのです。

怪我の程度が映像と違うような感じがしたためです、レナが圭一を殺害しようとしたのはあの準備された凶器でわかりますが。

圭一も大石に真相を話さなかったため、後のストーリーで真相が明らかになるのではないかと思います。(版の罪滅し編とかで)

・梨花と沙都子を殺害したのは?
短絡的に考えれば、レナが犯人、圭一と梨花が話をしていた為、口封じの為に襲撃した、沙都子も巻き添えで殺された。
レナが圭一宅を制服のままで訪問したのは、2人を殺した後で時間がなかったから。

入江診療所の改装という不運により、沙都子の雛見沢症候群の治療薬が無くなったことで、L5を発症。
巻き添えで梨花を殺してしまった。

今まで通り鷹野が犯人なら、梨花に拘りを持って神社まで連れて行って腹を裂いて殺す筈。

本当に異常者が襲撃した?

・圭一に定期健診した看護師は?
アニメ 解の厄醒し編で、口封じの為に沙都子を殺害した看護師に似ています。
雛見沢症候群の事を知っているようなので、山狗のスパイと思われます、圭一にL5発症を誘発させるような発言をしたのは、L5患者は厄介なので始末する為?

・圭一の雛見沢症候群の度合いは?
今回の圭一は、終始目にハイライトがありました。
演出方針の違いかもしれませんが、旧アニメの圭一は疑心暗鬼になったり、高ストレス状態や極度のピンチに追い込まれると、目のハイライトが消えて瞳孔が開いていました。

今まで通りなら、葬式での帰郷がきっかけで発症、レナと魅音のバラバラ殺人事件の無かった発言で症状が進行、更にレナの不穏な行動も症状を進行させたと思われます。

しかし、大石の捜査もマイルドな方でメンタル的なフォロー発言まであります、連続怪死事件と部活メンバーの関連性、悟史の存在も知らないので、症状の進行は緩やかと思われます。

レナの「嘘だッ!」からの独白~大石の電話中の立ち聞きでレナの目が通称オヤシロモードに見えていた為、レナに対しての疑心暗鬼でL3~L4近くまでいってしまったかもしれませんが、梨花のフォローで気が楽になったとのことで症状が緩和されたと思われます。

信頼したレナに裏切られ、対決した後でも目にハイライトがあります、L5までいったら首を掻きむしって死んでいる筈です。

最後の看護師の一言がトドメとなりをL5発症したと思われます。


次回から綿騙し編がスタート、原作との違いを楽しみ、恐怖しながら見ることになりそうです。

関連記事
スポンサーサイト



2020/10/26 14:28 ひぐらしのなく頃に TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cuffs616.blog11.fc2.com/tb.php/1016-ae0cb751
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

相互リンク&お気に入り更新情報
twitter


広告


↑広告クリックお願いします。







楽天市場

ビックカメラ.com
プレミアムバンダイ限定
プレミアムバンダイ

楽天商品検索mini

developed by 遊ぶブログ

楽天ウェブサービスセンター