FC2ブログ
花粉症のアレルギーで体調悪いです。
プロフィール

タクヨ

Author:タクヨ
グゥレイトタクヨといいます。

主に扱うのはフィギュア、玩具、音楽、本の趣味のブログです。

リンクフリーです、相互リンク希望の場合はコメント欄、Twitter、メールフォームからお願いします。


注 ブログで掲載した改造品は趣味で制作したものです。販売するつもりはありません。

FC2カウンター
訪問回数表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
842位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内人気ページランキング
検索フォーム
全記事表示リンク
ひぐらしのく頃に  郷壊し編 第5話です。

20101012214553fb6.jpg


すみません、正直言って蕁麻疹が出そうになるくらい沙都子が気持ち悪かったです。
ギャグ的なホモネタとか百合ネタ(昼壊し編のレナ×鷹野)は苦笑しながら見ることができますが、真面目にヤンデレな頭のおかしい展開。

こんな見る対象を選ぶような続編を一応はハッピーエンドで終わらせたのに作る必要があったのか?
竜騎士07先生の感性を疑います、今の時点では祭囃し編とハッピーエンド後の後日談(賽殺し編、心癒し編)とOVAでひぐらしは終わったという評価です。(澪尽し編はハッピーエンドのようですが未プレイなのでノーコメントで。)


アバン

ルチーア学園のシャンデリアで梨花と心中した沙都子

カケラを鑑賞して楽しむ新キャラ、傍らには沙都子が眠っていた。

OP

興宮の本屋

梨花からルチーア学園進学の夢を聞かされた沙都子は、赤本を投げ捨てて店を出る。
梨花沙都子を追いかける。

沙都子梨花に自分の勉強に向かない頭の事、仮にルチーア学園に進学しても授についていけず、梨花と違って友達も作れない落ちこぼれになるという。

梨花沙都子が上手くいかなくても一人ぼっちにならないようにサポートすると約束する…が。

沙都子「嘘だっ!!」
沙都子は学園生活で上手くいかなかったことからキレて、一人で寂しいから付き合えという程度の言葉だと当たり散らす。

梨花には一輪車や竹馬といった運動面の才能が無いこと、そして自分は勉強が嫌いで、勉強の才能がないし、学園で落ちこぼれて梨花とも疎遠になると当たり散らす。

何故そこまで拒絶されないといけないのか…梨花は困惑する。

困惑する梨花に沙都子は選択肢を突き付ける。
学校がいいか、私がいいか選べと。

沙都子の拒絶に困惑する梨花に、更に雛見沢に居続けて楽しく過ごすか村を出ていくか今すぐ選べと言う。

梨花の答えは選べない、沙都子と一緒に進学する夢を掴むのが答えだと。

ため息をついた沙都子は、梨花にどちらかを選べと言ったといいガードレールに上って投身自殺を図った。
沙都子「さすがは強情っぱりの梨花…簡単にはいきませんわね。
沙都子はトラックに轢かれて死んだ。

新しく生まれたカケラを鑑賞する新キャラ。

・この新キャラは鑑賞に値する面白い内容が見たいだけで洗脳はしていない、沙都子がどんどん梨花を独占する為にキチ〇イ化していく

次に目を覚ますと6月16日

梨花を無理矢理外に引っ張っていく。

朝焼けの雛見沢を梨花に見せる。
朝焼けだけでなく、日暮れ、夜景、まだまだ知らなければならない雛見沢がある。
雛見沢を出ていこうという気持ちがあるのであれば、勿体ないことだと梨花を説得する。

沙都子に考えていることを見抜かれた梨花は、卒後に雛見沢を出ようという夢を語ろうとした時…

沙都子の手には包丁が握られていた。
雛見沢を捨てることは愚かだと言ったはず、それでも雛見沢を出ようとは愚かを通り越して罰当たりだ、きっとオヤシロ様も悲しんでいる。

梨花はオヤシロ様は村に閉じ込められていたことを悲しんでいた、きっと背中を押してくれると説得する。

沙都子「愚かで罰当たりな梨花…オヤシロ様の巫女失格ですわね。
包丁で自分の首を切りつけて自殺した。

新たなカケラが浮かぶ。

受験勉強をしている梨花から赤本を取り上げ梨花らしくないと激怒し床に投げつける。
圭一レナが陰険な様子に気づいて声をかける。
周りの生徒も困惑して見つめる。

だが梨花は相談を断り、赤本を拾うと再び勉強を始める。
その様子を見た沙都子は馬鹿力で赤本を引き裂いた!
沙都子「ほんと…頑固者ですわね…。
鉛筆を取り上げて首に刺して自殺した。

次々とカケラが浮かび満悦に語る。
新キャラ「愉快であるな…人の子よ。」

水車小屋前

梨花と沙都子は掴み合いの口論に発展する!
お互いに分からず屋と一歩も引かない、二人は水路に落ちて死んだ。

新キャラ「実に飽きさせぬな…そなたの巡る宇宙は。」
沙都子「梨花の馬鹿。」

・探り探りでループ生活を送らざる終えなかった梨花と、気に入らない展開なら簡単に命を捨てるクズの沙都子

新キャラ「ンフフフ、長年をかけて抱き続けてきた願いだ。蓄積された時間と共に雛見沢を出たいという願望はより強固になっているのだろうな。」
沙都子「長年…でございますの?」
新キャラ「猫が雛見沢に閉じ込められてきた時間は、およそ100年。」
沙都子「今なんとおっしゃいました?」
新キャラ「100年もの間内に秘めた願い…そうそう崩せるものではないだろうな。」

沙都子「猫とは梨花の事でございましょう?100年とはどういうことですの?せいぜい数年ではございませんの?」
新キャラ「猫もそなたと同じ、いやそなたよりはるか昔から繰り返す者として同じ時を渡り歩いておる。」

・猫=梨花で確定

沙都子「梨花も繰り返す者?」
新キャラ「そうである、猫の目的はただ一つ、昭和58年6月という雛見沢の檻から抜け出す事。」
沙都子「昭和58年…確か山狗とかいう連中と戦いましたわよね、大変な闘いではございましたが皆と協力して私たちの大勝利でしたわ。」

新キャラ「そなたからしてみればそうであろうな。」
そのたった一度の勝利を手にする為に猫が繰り返した時間…それがおよそ100年!
このカケラひとつひとつが猫の辿ってきた宇宙を記録している。そなたの言う大勝利の為に猫が支払った代償と言ってもいい。
沙都子の周りに無数のカケラが現れる。

沙都子「これが全部…梨花の…
新キャラ「どれ…少し読んでみるか?

沙都子は光に包まれた。

目の前に血塗れでバットを振りかぶる圭一が現れ、レナの頭をバットで殴り始めた。
傍には顔がグチャグチャになった魅音の死体が。

・鬼隠し編終盤のレナと魅音を殺害する場面のカケラ…だが第1話と少し映像が違う?第1話冒頭のレナは仰向けで、今回のレナはうつ伏せ。

沙都子「え…今のが梨花の…。」
新キャラ「ほんの短い時間であったが、猫のやつが囚われた惨劇、その一端を垣間見ることができたのではないか?」

沙都子「そうですわね、あんな恐ろしい圭一さん初めてでしたわ。」
新キャラ「猫はその全てのカケラを集める為に100年を費やした。抜けられぬ惨劇の渦に絶望し、挫けかけたことも一度や二度ではない。」
「それこそそなたが感じてきたのと同じ徒労感にずっと苦しんでいたぞ?」
沙都子「何度世界を繰り返しても、中々思い通りにはならないということですわね。」
「繰り返す者って、必ず夢をかなえられる絶対の力だと思っていましたけど、そうではないんですわね。」

新キャラ「猿にタイプライターを打たせ続ければ、いつかはハムレットを絶対に書き上げるだろう。
絶対は保証されているが、それに至る時間は誰も約束しない。

沙都子「私決めましたわ。」
「梨花の気持ちを変える為に、私はもっと知らなければなりませんの。」
新キャラ「それでどうするつもりだ?」

沙都子「先程のカケラ、全て私に見せてくださいませ。
新キャラ「100年の時を全て見るには等しく100年の月日を費やすことになるが。
沙都子「構いませんわ。」
新キャラ「やはりそなたは面白い!」

・新キャラは梨花の事をよく知っているようなので、羽入の真の姿?

沙都子「私、梨花に負けるわけにはいきませんの。」カケラに手を触れる。

鬼隠し編後半
雛見沢症候群を発症し、不信感から精神的に追い詰められた圭一が鉈を持ったレナに恐怖して山道を逃げる場面。

鬼隠し編終盤
圭一がレナと魅音を殺害後、大石に電話しながら雛見沢症候群の末期症状で喉を掻きむしる場面

祟殺し編終盤
雛見沢大災害発生後、奇跡的に生き延びた圭一が村人の死体の山を見て発狂するシーン

皆殺し編後半
本性を現した鷹野が、富竹に野望を告白するシーン
梨花が鷹野(偽装)と富竹の死に心当たりがないか、入江に問い詰めるシーン

祭囃し編中盤
梨花を殺した真犯人が鷹野である事を思い出した羽入が梨花に相談するシーン

・本作も新作でなく、原作準拠のリメイクならどんだけよかったか。

入江機関地下に沙都子は侵入する。
地下で眠る悟史に会いに来た。

沙都子「今日はお別れを言いに来ましたの、さようなら…にーにー。
目を赤く光らせて沙都子は覚醒した。

・猫騙し編4話冒頭と、郷壊し編1話の回想はフラッシュバックのフィルターがかかっていない映像ということは、フラッシュバックではなく沙都子が確認したカケラを意味している?

沙都子のカケラの確認は終了した。
新キャラ「待ち飽いたぞ。」

沙都子「梨花を取り巻く惨劇のルールは全て理解しましたわ。
新キャラ「ほぅ、それでどうするのだ?」

沙都子「私、気づいたことがございますの。
無限にやり直す事ができる繰り返す者でも、心が屈することからは逃げられない。
新キャラ「その通りだ。永遠を自在にする力でありながら、心の寿命は永遠ではない。
即ち、そなたも永遠の命があるわけではないのだ。

沙都子「それは梨花も同じですわよね?」
新キャラ「そなたが見てきた通り、猫は惨劇に抗うため運命のサイコロを振り続けてきた。」
「最後には抗う気力すら奪われて、全てを諦める寸前にまで追い込まれていたが。」

沙都子「だったら、もう一度梨花の心を折ればいいんですわね。
それこそ、今度は完全に屈服するまで。

新キャラ「だが、どうするのだ?」
沙都子「今は繰り返すたびにリセットされてますわよね、引き継がれるのは私の記憶だけ。
それを私だけでなく、梨花も引き継ぐようにはできるかしら?

新キャラ「ほぅ…できるとも。」
猫に力を与えた角は欠損していたが、我が角は完全だ、造作もない。
そなたに新たな力を加えよう、これで猫の死後にそなたが死ねば2人揃って同じカケラに行くことができる。

沙都子「永遠に一人の梨花を追い続けられる、そういうことですわね。
確か梨花は欠損した角のせいで死亡時の記憶が残らないでしたわよね。

新キャラ「そうだ、死亡時から遡って数時間分の記憶が失われる。
だから猫は自分の死因を記憶に留められない。

沙都子「梨花が死んでから私が死ねば、二人とも記憶は維持され同じカケラに行くことができる。
だけど梨花だけは死の直前の記憶が欠損する。それを利用させていただきますわ。梨花、あなたの心を砕くために。
私、そういう意地の張り合いは得意ですのよ。

新キャラ「フフフ…やはりそなたは我が鑑賞に値する。」

沙都子「繰り返す者なんて偉そうな名前をしても、結局はただの根競べですわね。」
「私の夢は梨花と一緒にこれからもずっと雛見沢で楽しく暮らしていくこと。」
「梨花の夢は真逆、私なんかどうでもいいから雛見沢から出ていく事。夢と夢のぶつかり合いですわね。」
負けませんわよ梨花…あなたのことがずぅーっと大好きだから…ぜーったいに負けませんわよ。

クレイジーなレズ沙都子覚醒

・悟史の扱いが悪いのは、沙都子のループに大した影響がないからか。

終わり

考察と予想

・沙都子覚醒

各編で沙都子が記憶を保持しているように振舞っていたのは、原作の全てのカケラを100年かけて学習したからでした。

梨花が死なないと次のカケラにお互いの記憶を持ち越せないというルールがあるものの、新キャラのサポートで圧倒的優位。

鬼騙し編は、ループを抜け出そうとした梨花と包丁で無理心中

綿騙し編は、梨花の死が確認できない為園崎家に赴いて、魅音に梨花の行方を確認してから魅音と心中

祟騙し編は、梨花が大石に撲殺される姿を確認したので大石に殺された
病院で昏睡状態の悟史はどうでもいいので、圭一を新たなにーにーとして迎えようと色仕掛けした。
圭一VS鉄平は誤算?

梨花以外はNPCのようなものなので、大根演技でも問題ない。(祟騙し編の陳情終了後の、圭一との電話の大根演技な会話等)

大根演技だったので、元ネタを知っている視聴者にはループ疑惑をもたれてしまいましたが。

そして、梨花が記憶を完全保持するという能力を途中で得たことを知らなかったばかりに、欲張りすぎてループする者と見抜かれてしまいました。

・羽入の残滓は善意

沙都子の悪意で再ループに巻き込まれ、絶望する梨花の前に現れた羽入の残滓。
梨花の独り立ちを助ける為、ループする者を見つける為に善意でサポートしていたようです。
新キャラと同一の存在の残滓なのかはまだわかりませんが。

・新キャラは全知全能

新キャラは自分が満足する為に、次々とカケラを鑑賞する観測者。
梨花と羽入の関係も、100年のループの内容も知っているので羽入の完全体なのか。

今のところ目的に応じて能力も付加できる全知全能の存在です。

鬼騙し編以降に、沙都子経由で特定の対象に梨花が連続怪死事件、オヤシロ様の祟りの黒幕だと思い込ませる能力や梨花に敵意を向けて強制発症させるの能力を付加したと思われます。

鷹野も雛見沢大災害を思いとどまるようにされた?


沙都子は気持ち悪くてもうどうでもいいので、各編の真相を早く見せてください。

 
関連記事
スポンサーサイト



2021/03/10 17:18 ひぐらしのなく頃に TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cuffs616.blog11.fc2.com/tb.php/1051-0b9ac534
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

相互リンク&お気に入り更新情報
twitter


広告


↑広告クリックお願いします。







楽天市場

ビックカメラ.com
プレミアムバンダイ限定
プレミアムバンダイ

楽天商品検索mini

developed by 遊ぶブログ

楽天ウェブサービスセンター